脱毛期間中の日焼け

脱毛期間中の日焼けを知る

脱毛期間中の日焼けについて

脱毛は、肌への負担がかかるだけでなく、効率よく脱毛を行うためには、お手入れをしている期間には注意したい点がありあります。もっとも注意したいのは日焼けです。日焼けは肌の表面が軽いやけどをしたような状態になります。炎症を起こしてしまっている肌は非常に敏感になっているので、お手入れを行うことができません。また、肌トラブルなどの原因にもなるので、お手入れをこなっている期間には、十分注意が必要です。保湿も大切なポイントです。肌をきれいな状態に保つように、保湿を心がけて効率よくお手入れを行うようにしましょう。

日焼け後は脱毛できない

脱毛は、ムダ毛を処理することでありながらも、肌の状態によっては施術を受けることができないケースがあります。とくに、夏に日焼けをした後は肌がデリケートな状態にもなっているので、いつもであれば痛みもなく受けていたという部位であっても痛みなどの肌トラブルが発生する可能性が高まります。脱毛サロンでは、施術前には毛の状態とともに肌の状態のチェックが行われています。場合によってはその日の施術を断られることもあるのですが、安全を第一に考えてのことなので日焼け後には予約を入れないなど自分でも認識しておくことが必要です。

↑PAGE TOP